米 栄養素

ひとてまいで不足しがちな野菜を補いませんか

日本食はヘルシーで美味しいと海外で評判ですが、その日本食を一番食べているはずの日本人は、食の欧米化によって欧米諸国の人達よりも野菜を摂取していないと言われています。

 

 

しかも最近の野菜は、一昔前の物と比べると栄養価が減っているそうです。

 

 

野菜の栄養価が下がっている原因としては、畑に使われる肥料からくる土壌の変化や、見た目重視の野菜を好む消費者に合わせて農家が野菜を生産しているからなどがあげられますが、改善策は減った分の栄養を別の方法でしっかりと補う事に他なりません。

 

 

ただ、その方法として栄養価が減った分だけ野菜を倍にして食べるというのは、子供やお年寄りには酷な話ではないでしょうか。

 

 

一回の食事で食べられる量が少ない子どもやお年寄りには、他の栄養価もきちんととってもらわなくてはいけません。

 

 

なので、無理なく簡単に栄養を補充できるひとてまいの出番です。

 

 

スプーン一杯分で、ほうれん草やレタス、めざし、グリーンピースに代表される各栄養素が一回の食事では絶対に取り切れないほど含まれています。

 

 

ご飯を炊くときにふりかけるだけでよく、ひとてまいを使ってもご飯の質は落ちませんし、むしろ24時間後もしっとりともちもちした食感を維持したご飯に仕上がってくれます。

 

>>ひとてまい【半額キャンペーン】の詳細はコチラ<<